Tシャツ激安のTshirt.st 無地Tシャツ商品を格安価格で通販。

TOP >>  その他Tシャツ >>  Tシャツの選び方



Tシャツの選び方

Tシャツに限らず服選びの重要なポイント「サイズ選び」
これを誤ってはせっかくのお買い物も失敗!?という事にもなりかねません。

Tシャツはタイトなシルエットでスタイリッシュに着たい方、
ゆったりとBボーイBガール風にルーズに着こなす方、様々です。

このページではお好みのサイズにより近い商品を選択頂くための“コツ”をご紹介します。

Tシャツの選び方

お手持ちのTシャツとの比較

いちばん確実に間違いが無くTシャツのサイズをセレクトして頂くには、お手持ちのお気に入りTシャツを採寸していただき、商品カタログ記載されている詳細な寸法と比較していただく方法がベストです。

普段着ているサイズがメンズのMだから、TシャツもMとご判断いただくとイメージしていたサイズと異なる事があります。
これはTシャツに限らずアパレル製品にはそれぞれのブランド毎に異なったサイズが存在するためです。
「A」のブランドではメンズMなのに「B」のブランドではメンズのLがぴったりという事もあるでしょう。

自分にあったサイズを理解していただくためにも、サイズがぴったりだと思うTシャツをぜひ採寸してみてください。

代金引換払い

採寸の方法

Tシャツの採寸はすべて平置きにした状態での寸法となります。
半袖Tシャツの場合は身丈と身幅、長袖の場合は加えて袖丈も測っていただけると間違いがありません。

※アパレル商材につき、規格より±2〜3cmの誤差が生じる場合がございます。予めご理解頂けますようお願いいたします。

身丈(みたけ)首から裾までの寸法。リブを含んだトータルのサイズ
身幅(みはば)体の胸囲部分の寸法。
袖丈(そでたけ)肩の付け根から袖のリブ先までの寸法。
ラグランスリーブの場合は肩の付け根が無いため首のネーム部分からの計測となります。

セットインスリーブ
スリーブ(袖)が垂直に縫い付けられている製法。
多くのTシャツがこの袖付けになります。

ラグランスリーブ
ベースボールタイプに代表される袖付けのステッチが、袖ぐりから首リブまで斜めに縫いつけられている袖

タイトに着たい?
それともゆったり着たい?

たとえば身長170cm体重60kgの男性の場合。伸縮性のあるTシャツなどカットソーはXSからXXL程度まで着用が可能です。
「ジャストサイズ」と一言で言ってお客様の着こなしによってベストなサイズが異なってしまいます。
Tshirt.stではジャストに着たい、タイトに着たい、ゆったり着たい、とお客様の好みを3分割しそれぞれお奨めサイズの早見表を用意しています。
ぜひ参考にしてみてください!

メンズサイズ早見表

身長 体重 タイトに着たい ジャストで着たい ゆったり着たい
85〜95cm 80cm90cm100cm
95〜105cm 90cm100cm110cm
105〜115cm 100cm110cm120cm
115〜125cm 110cm120cm130cm
125〜135cm 120cm130cm140cm
145〜155cm40〜45kg130cm140cm150cm
145〜155cm45〜50kg140cm150cm160cm
155〜165cm50〜55kg150cm160cmメンズS
160〜170cm55〜60kgメンズXSメンズSメンズM
165〜175cm60〜65kgメンズSメンズMメンズL
170〜180cm65〜70kgメンズMメンズLメンズXL
175〜185cm70〜75kgメンズLメンズXLメンズXXL
180〜190cm75〜80kgメンズXLメンズXXLメンズXXXL〜7XL


Tシャツサイズの選び方

Tシャツoz(オンス)について

脇汗・汗ジミが目立たないTシャツの選び方[素材比較]


【細かすぎて伝わらないTシャツ選手権】


1、Tの形の微妙な違い 【パターン比較】
2、フィッティング・落ち感 【着用比較】
3、首のつまり具合やデザイン性 【ネック比較】
4、大本山チク透け(ポロリなし) 【透け比較】
5、生地表面の表情・触り心地 【生地比較】→後日公開予定


今ならにお届け予定です

※関東、東海、関西、四国の地域に限ります。(一部離島を除く)