Tshirt.st

パーカーのフードかぶる?かぶらない?

 パーカー の フードをかぶるかかぶらないかは、誰もが迷うちょっとした疑問点です。どちらかといえばかぶらない選択をしている人のほうが多いので、オーソドックスなのはかぶらないほうです。ただ、時と場合によってはかぶることも決して間違いではないです。  まずそのパターンで取り上げたいのは、悪天候になってしまってときです。外出先で突然雨に降られてしまったり雪が降ってきたりなど悪天候のときは、パーカー の フードをかぶって顔を少しでも守ったほうが良いです。雨や雪に降られたら顔がすっかり冷えてしまいますし、濡れた状態では風邪を引きやすくなってしまいます。  また、寒い日で風が強いときも同じようにパーカー の フードはかぶったほうが良いです。ポイントは耳で、かぶることによって冷えてしまうのを防げます。そういうときはファッションがどうこうというよりも、体を守ってくれる機能面を重視してかぶることが多くなります。つまり、晴天で特に何もないようなときはかぶらないですが、悪天候になってしまったらかぶることも出てきます。これはまさにこの服ならではのことで、他の服ではなかなかないことです。ですので、状況に合わせてかぶったりかぶらかったりするのが普通です。

パーカーのフードかぶる?かぶらない?

パーカー の フード、これをただの飾りだと思っている人は結構多く、一度もかぶったことが無いという人は非常に多いようです。しかし、このパーカー の フード、案外使えるんです。 例えば急な雨の時は雨避けとして使えます。もちろん土砂降りとかになってしまってはまったく意味はありませんが、小雨くらいでしたら問題なく雨を防げます。 それから防寒性もかなり高いんです。パーカー の フードを被ることでかなり暖かくなります。もともとパーカーは防寒性の高い服ですが、さらに防寒性は高くなります。とくに真冬などはかなり活躍してくれると思います。 そして、これは一般的な使い方とは言えないかも知れませんが、薄毛の人の頭頂部を守るのにも最適です。紫外線のダメージで抜け毛はかなり加速しますので、それを防ぐ為に良いのです。 このようにフードはかなり役に立ちます。ですので、一度はかぶってみてはどうでしょうか?フードをかぶる派、かぶらない派問わず、得られるものは大きいのできっと気に入ってくれるはずです。一般的にはかぶらない派の方が多いようですが、この便利さを知ったらきっとかぶる派の方が多くなるのではないでしょうか?あなたはどちら派ですか?もしかぶらない派でしたら、かなり損をしていますよ。

普段からパーカーを愛用している私ですが、「この洋服を考えた人はすごいなあ」と常々思っています。多分、防寒対策として帽子を洋服にくっつけたのだと思いますが、その機能性は高いですよね。帽子を被っただけでは首元が寒いのですが、パーカー の フードを被れば、その点でも問題がありません。必要な時だけ頭から首元にかけての防寒が可能で、必要なければ被らなければ良いのです。しかもパーカー の フードを脱いでも、帽子のようにどこかに置いておく必要もないのです。素晴らしいデザインだと思いませんか。 こんな画期的ともいえるパーカー の フードなのですが、実際にかぶる人とかぶらない人とどれぐらいの割合で利用されているのでしょうか。個人的には、時々必要に応じてかぶることがあります。外出時の屋外で風が強くて寒い時や、室内で首が寒い時などに使用しています。着用している時間を考えると、かなりその利用率は低いのですが、役立つときが時々あります。周りを見ると、自転車に乗る時やジョギングする時などに、フードを被っている人を見かけることもあります。 またドラマで若い男性が部屋着としてパーカーを着用していて、ソファーで寝る時にパーカーをかぶってから眠るというシーンを見かけました。まくら代わり?防寒?真偽は分かりませんが、もしかしたらそんな使い方をしている人も多いのかもしれません。

パーカーのフード部分の洗濯時の干し方は?

私の大好きなファッションアイテムは、パーカーです。気軽に羽織れて使い勝手が良く、ファッション的にもお洒落できるので、欠かせないアイテムです。この洋服のポイントは、何といってもパーカー の フード部分で、これがあることでかっこいいスタイルになるのです。ちなみにこのフードがないアイテムと言えるのがトレーナーですが、スタイル的には断然パーカーがかっこいいですよね。 こんな風にパーカーは大夬お気に入りのアイテムなのですが、難点があるとすれば、洗濯の際にフード部分が乾きにくいと言うことです。特に日差しが弱い冬は、晴れていてもパーカー の フードの裏部分が乾いていないことが多々あります。そんなお悩みの声は少なくないはずです。 そこでオススメしたいのが、パーカー専用の物干しハンガーです。100円ショップで見つけたのですが、普通の洋服ハンガーに工夫がされていて、パーカー の フード部分を挟める形になっています。裏側もしっかり太陽が届くので乾きやすいのです。 それが準備できない場合は、とにかくフード部分が重なったままにならないような工夫が必要です。ハンガーにかけたら、もうひとつのハンガーにフード部分を挟む方法や、フード部分を洗濯バサミで物干しざおにとめて風を当てるなどの工夫があると良いですね。

パーカー の フード部分を洗濯時に干す場合、そのまま普通のハンガーにかけるだけだと重なってなかなか乾きにくいですよね。そんな時はハンガーをもう一本用意して、フード側をハンガーの上に洗濯バサミで止めて乾かすと良いでしょう。例えば物干しポールにパーカーを干した場合、後ろ側にもう一つハンガーをかけて、フードを伸ばしてから止めるのです。大切なのはパーカー の フードにもしっかり風通しが良くなるように乾かすということです。なので、フードの裏側と後ろ身頃が離れていればOKです。 また逆さまにして干すのも風通しが良くなり乾きやすさに繋がります。この場合はしっかりした洗濯ばさみでしっかり止めておかないと落ちてしまう場合があるので注意して下さい。 要はパーカー の フード部分が見頃と重ならないように乾かせば良いので、その方法はなんでも良いのです。人それぞれ様々な工夫を凝らしていたりするので、ネットで検索してみても「こんな方法があったのか!」と感激するかもしれません。面白い干し方をしている方も多いですが、なかなか実用的で参考になりますよ。是非良い方法を見つけてみて下さい。また自分で考えた良い方法がある場合は他の方にも教えてあげてくださいね。

パーカーを洗濯した時についうっかりそのまま乾かして、「パーカー の フードの周りが乾いてない!」なんて失敗をしたことがある方も多いのではないでしょうか。フードと首や背中部分の生地が重なって乾きにくいのですよね。 しかしそんな失敗をもうしない、とっておきのアイテムがあります。それは100円ショップで購入できるパーカーハンガーです。100円と侮るなかれ、これがもう本当によく乾くので次の日になっても乾かないなんて失敗がなくなるのです。パーカー の フードが乾かないと嘆いている方には是非購入していただきたいアイテムです。 しかし都合よく近所に100円ショップなんか無いよ!という方もいらっしゃるかもしれませんね。そんな時は同じようなものを自作するのはどうでしょうか。どこの家にでもある針金ハンガーを利用してみるのです。干し方にもよるのですが、壁にかける時はハンガーの上に重ねるように、ポールに干す時は丸くしてフード部分がうまくハマるようにしてみて下さい。 ネットで検索すると他の方が作ったものが見られますので、「これは!」というものを探してみてくださいね。 パーカー の フードを干す時に頭を抱えたことのある方は多いと思いますが、乾かす時間が長くなると生乾き臭などもして気になりますよね。すぐに乾かせばそんな問題も起きないですよね。

パーカーのフードを加工する

パーカーを日頃から愛用していますが、毎日のように着ているとちょっと飽きてくるんですよね。いかに着回しの良いパーカーと言えど、飽きてしまってはどうしようもありません。そんなときに、おすすめなのがリメイクです。リメイクを施すことによって、自分だけのオリジナルパーカーが出来上がりますからね、もしも上手くリメイクすることが出来れば、めちゃくちゃファッションが楽しくなりますよ。さて、そんなパーカーのリメイクの中で割と簡単にできるのが、フードの加工です。パーカー の フードは、ある意味でパーカーの最も重要なパーツですからね、ここを上手く加工してやることで、今までとは違う魅力を引き出す事ができるのです。で、実際にパーカー の フードを加工するにあたり、最も簡単なのがワッペンなどの貼物をすることです。これならば、アイロンでサッと貼る、もしくは縫製するだけでいいですからね、割と簡単にできると思いますよ。他にも、敢えてダメージを与えていい感じの風合いを醸し出したり、思い切って、ツートンカラーにしてみたりと、いろんなことが思い浮かびますよね。このように、パーカー の フードを加工するのは、意外と楽しいもので、失敗も少ないですし、一度試してみてはいかがでしょうか。

パーカー の フードを加工させれば、より着やすくて機能性に優れさせることができます。着やすくて機能性に優れているのは服としてとてもありがたいことで、加工があるかないかでだいぶ違います。 パーカー の フードを加工させて一番役立ちやすいのは、撥水加工かもしれません。たとえ水がついてしまったとしてもはじくように撥水加工させておけば、多少の雨が降ったときでもあまり肌を濡らさなくて済みます。肌を濡らさなければ着ているときの不快感がないので、いつまでも気持ち良く着ることができます。撥水加工されているパーカー の フードは機能面でかなり助かりますので、ジョギングやランニングが趣味の人に対して重宝されやすいです。 それを着て外で走っていれば、予期せぬ雨にも慌てずに済みます。もちろんまったく濡れないわけではありませんが、服でできるだけ雨をはじけますので、家まで帰るのにそれほど濡れないで済むかもしれません。撥水加工されているかどうかによってまったく着心地が夬わってきますので、スポーツ系のメーカーブランドなら撥水加工にこだわってつくることも十分あり得ます。加工は絶対必要というわけではありませんが、あればユーザーにとって嬬しいのは確かです。

パーカーは,いろいろなデザインがあるので、そのデザインによって楽しむ事ができますね。 既製のパーカーでは、たくさんの楽しく着る事が出来るデザインがあります。 特にスポーツブランド等の場合は、ロゴマークなどが大きく入ったものが多いですね。 そんな風に、デザインを楽しむ事が出来るのはパーカーの良いところです。 そして既製のデザイン以外でも、自分で作ったものを楽しむ事ができます。 それは一般的に、パーカーの前面にプリントをしてもらうことが多くなっています。 特に前面にしてもらうことで、とても目立ちます。 そのため、自分でデザインをしたものや、チームなどで作る事があります。 そしてそのパーカーは、パーカーフードを加工することもできます。 フードも案外と目立つ部分ですね。 その部分も、しっかり加工をしましょう。 そのパーカー の フードは、プリントを依頼することができます。 自分の好きながらにすることが出来るのです。 その場合は、無地のパーカーを買って、それに加工をすることになります。 パーカー の フードは、かぶる事を想定して、デザインをするととてもキレイにできます。 パーカーの全面や後面と、パーカー の フードの色を同じにします。 すると、配色としても綺麗です。