ジップ アップ パーカー

close

ジップアップパーカーで選ぶべきカラーとは

パーカーの人気カラーといえば、グレーが筆頭に挙げられると思います。が、ジップ アップ パーカーに関していえば、黒もかなりの人気を誇っているのではないでしょうか。とりわけ、ジッパーが金具、つまり銀色の物ならば、黒との相性は抜群です。個人的には、この配色がものすごく好きで、ジップ アップ パーカーといえば、黒、銀の組み合わせばかりを買ってしまっています(笑L。なんでしょうか、他のパーカーたちが、あくまでもインナーとしての意味合いが強いのに対して、黒と銀のジップ アップ パーカーの場合には、それだけで様になるというか、とにかく存在感がハンパではありません。要は、アウターとしての使い道ができるのであり、私は、真冬の季節でも、黒、銀のパーカーをアウターとして活用させてもらっています。とはいうものの、パーカーだけでは、寒いのでちょっとした工夫も取り入れていますよ。例えば、インナーには発熱素材を採用したものを着用したり、インナーダウンを着用したりといった感じです。また、着ぶくれしないように、普段ならMサイズのところ、Lサイズの物を選ぶようにもしています。そうすることで、クールな黒、銀のパーカーをアウターとして着用できるので、大夬満足しています。

紫外線による日焼け対策は一年中気になります。日焼け止めをぬるのも良いのですが、汗ですぐに落ちてしまって塗りなおしたり、せっかく塗ったのに結局日焼けをしてしまったり、なかなか効果が感じられにくい事も多いですね。 初夏から夏になってくると、UV対策用のジップ アップ パーカーを売り出す店も増えます。 汗を素早く乾かす素材で作られたジップ アップ パーカーは、日焼け止めを塗るよりも確実に紫外線をカットしますから、長時間直射日光の下で作業しなくてはならなかったりする場合、必須アイテムと言えます。 また、夏に自動車を運転する場合、片側ばかりが紫外線にさらされてしまいシミの原因になったりしますから、運転用に車にジップ アップ パーカーを常備しておくのも紫外線対策としては良い方法です。 かなり色のバリエーションのあるメーカーもあり、ビビットな色から使いやすい定番色まで様々ですから、自分の手持ちアイテムと照らし合わせて紫外線対策に活用しましょう。 グレーやベージュなどの定番の色を持っておくと、他のアイテムの邪魔をせずに自然に着こなせますし、少し派手目な色持っておくと水着の上に羽織ったり、その色自体が主役になったりと、遊び心のある着こなしを楽しめます。 用途に応じて色をそろえておくと、非常に便利なアイテムです。

ジップ アップ パーカーを買うときにはどういったカラーを選べば良いのでしょうか?プルーオーバーのパーカーと違うところは、やはりインナーが見えるか?どうかだと思います。プルオーバーのパーカーはインナーが見えるものの方が少ないでしょう。しかし、ジップ アップ パーカーはジップを完全に上まで上げない限りはインナーが見えると思いますし、そこまで上げる人は少ないでしょう。それにジップで前を締めないで、完全に開けている人もいますから。たいていの場合にはジップ アップ パーカーはインナーが見えるはずなのです。そうなると、インナーとの色の相性を考慮して、ジップアップのパーカーの色を選んでいくというのが良いのではないか?と思います。どういう色のインナーを中に着る予定なのか?すでに持っているインナーの色はどういったものなのか?などを考慮して新たに買うジップアップのパーカーの色を選んでいくのが良いと思います。インナーとパーカーの色が上手く溶け合うような組み合わせになるようにするのがポイントです。パーカー自体の色はよくても、インナーと組み合わせたときにイマイチではよくないので、そういった部分を考えて購入する色を選ぶと良いのです。

Tshirt.st(ティーシャツドットエスティー)は世界中の無地Tシャツブランドの中から選ばれたTシャツ通販のショップです。
特に日本のTシャツメーカーから激安にも関わらず、大量仕入れによる激安価格を実現。
Tシャツメガショップとして従来の実店舗では絶対に提供できない激安Tシャツ、そして最もTシャツが購入しやすい通販Tシャツサイトを目指して運営しております。

無地Tシャツブランド数は20に及び、全てのブランドを極限まで激安な価格でご提供。
OPEN以来、延べ16万人以上のお客様にTシャツを通販でご注文いただき、無地Tシャツの総販売枚数は間もなく300万枚を超えます。
これからも何処よりも多くの品揃えと低価格、そして返品交換や低価格な送料など、お客様のご要望にお応えすべく運用して参ります。

カテゴリから探す

Tシャツブランドから探す

オススメから探す

価格から探す