国内最大規模の業務用Tシャツ専門店

着る服に迷うときはチェックしたい「服装指数」を知っていますか?

季節の変わり目に、朝起きたときの気温で服を選んで、外出して失敗したなんてことはありませんか?

そんな時期に役立つのが「服装指数」です。今の気候にぴったりの服装を、指標が示してくれるため、いつもより少しだけ根拠のある服選びの参考に。

「服装指数」という言葉を初めて聞いた人、詳しく知りたい人のために、解説していきます。

服装指数とは?

服装指数とは、朝晩・日中の予想気温で、その日にどんな服装が適しているかを予想して提案する数値です。天気予報を基準にしているので、あくまで予想です。人によって暑い寒いなどの感覚は違うので、大まかな目安として参考にするといいでしょう。

服装指数はどこでチェックできるの?

日本気象協会の「tenki.jp」というサイトに掲載されています。

日本全国の服装指数を朝・昼・晩と10日分見ることができるので、服装の参考になるでしょう。

服装指数の活用法

・季節の変わり目の服選びの目安

・衣替えのタイミング

・旅行の服選び

・温度調節アイテムを持参するときの参考に

一つずつ詳しく解説します。

 - 季節の変わり目の服選びの目安

季節の変わり目は気温が安定せず、朝・昼・晩の気温がバラバラなんてこともあります。

服装指数を活用することで、コーディネートの失敗が減るかもしれません。

- 衣替えのタイミング

10日分の服装指数が確認できるので、衣替えのタイミングの参考になります。

クリーニングに出したのにまた必要、という状況が避けられるかもしれません。

- 行の服選び

日本全国10日分の服装指数を見ることができるので、旅行の荷造りにも活用できます。

 - 温度調節アイテムを持参するときの参考に

朝・昼・晩の服装指数が違うとき、ストールや軽めのシャツなどの、温度調節アイテムを持参できます。

人間は3つの首を冷やすと風邪を引くと言われているので、首・手首・足首を温めるアイテムがあるといいでしょう。

服装指数別のオススメコーディネート

服装指数は10〜100で、その日の服装の基準を表しています。指数別のオススメコーディネートを紹介します。

服装指数10〜20

  • 服装指数10「ぶるぶる、何を着ても寒い」
  • 服装指数20「ダウンジャケットで、しっかり防寒」

何を着ても寒いときは、中にしっかり着込むこと、可能な限り肌を出さないことです。ダウンジャケットを着用し、最大限外気に触れないような対策が必要になります。

外出時や長時間の外での作業には、カイロなどの外部から温められるアイテムがあるといいでしょう。

服装指数30〜40

  • 服装指数30「コートを着ないと結構寒いなあ」
  • 服装指数40「裏地付きトレンチコートがおすすめ」

まだまだ寒さ対策は必要だけど、ダウンジャケットを着るほどでもない、厚手のコートがあれば乗り切れる気温です。

最低気温が5℃以下の日でも、この指数が表示されるので、防寒対策にはまだまだ気を抜けません。マフラーや手袋などのアイテムも忘れずに持参しましょう。


服装指数50

  • 服装指数50「薄手のジャケットを羽織っていこう」

冬から春にかけて、まだ肌寒いけれど暖かくなってきた時期や、夏から秋にかけて、寒くなってきたなと感じる時期です。

薄手のジャケットや、パーカー、ニットカーディガンなど「暑くなったり寒くなったらいつでも脱げる」ものを羽織るといいでしょう。この時期は室内が寒いという場合もあるので、ストールなどを持参するのもいいかもしれません。

服装指数60

  • 服装指数60「長袖シャツ・カットソーで快適に」

ジャケットがいらない時期で、快適な過ごしやすい季節です。暑がりの人は、半袖に薄手の羽織で温度調節をするくらいがいいかもしれません。

季節の変わり目なので、朝と晩の気温の変化が大きい時期です。1日中外出する際は、変化に対応できるアイテムを持参しましょう。

服装指数70

  • 服装指数70「半袖+カーディガンで温度調節を」

基本的には半袖で過ごせますが、室内で冷房が効いた場所や、夜の冷え込みなど、薄手のカーディガンがあると安心です。

服装指数80

  • 服装指数80「半袖Tシャツ1枚で過ごせる暑さ」

暑い時期なので、半袖1枚で過ごせます。室内や電車など、クーラーが効いている場所が多いので、冷え防止のために、ストールや薄手のシャツなどもあるといいでしょう。

服装指数90〜100

  • 服装指数90「ノースリーブでもかなり暑い」
  • 服装指数100「暑さ対策必須!何を着ても暑い!」

暑さ対策としては、リネンや薄手のコットンなど、できるだけ涼しい生地を着用しましょう。パンツもハーフパンツにするなど、通気性も意識した服装をオススメします。

日に当たると余計に暑く感じるので、帽子は必須です。日傘や帽子、サングラスなどの日除けアイテムも、紫外線カット率の高いものを選ぶとより効果的といえます。

着る服に迷うときは、服装指数をチェックしよう

服装指数とは?という内容を詳しく解説しました。

季節の変わり目など、1日の中で寒暖差が大きい季節は、参考になる指数ではないでしょうか。

服装指数を意識したコーディネートは、自分が快適に過ごせるだけでなく、人から見ても好印象となるでしょう。

コーディネートに迷う日は、ぜひチェックしてみてください。






【関連記事】

フーディー・パーカーの違いとは?

ちょっとまった!そのデザインでプリントしていいの?

パーカー?ジャケット?秋冬の羽織はどれにする?今押さえておきたい4大アイテム

まとめて買えば“さらに”安い

3%OFF

3万円以上で使えるクーポン

8%OFF

8万円以上で使えるクーポン

閉じる

今ならLINEクーポンで300円OFF

お友だち登録ですぐに使えるクーポンがもらえます

クーポンコードを確認

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

カート

カートは空です
買い物を続ける