定番Tシャツってどれも同じ?…実際に比べてみた。(1)パターン比較

こんにちは!スタッフの村瀬です。

健康診断の結果いわゆる「隠れ肥満」と診断されました。意識的に隠していたわけではありませんが、そんな言われ方するなんて心外ですね(怒)

さて今回、一番スタンダードな白Tシャツの比較を紹介します。オンスがどうの、糸番手がどうの。またまたスリム?とか言われても、よくわからないですよね。 無地の白Tシャツを着こなしたいとお考えのお客様には、細かいディティールが気になる所。そこで、こちらを参考にしていただけれは嬉しいです。

僕のぽっこりお腹もTシャツの生地・パターンによっては、予想外に目立ってしまうこともあります。隠したい時に隠れない・・・恐ろしいですね。シンプルなウェアだからこそ、慎重に選びたいアイテムです。

Tシャツエントリーはこちらの11アイテム。

Printstar ヘビーウェイトTシャツ 085CVT 5.6oz
人気ナンバーワン。キングオブスタンダード
085cvt

Printstar ライトウェイトTシャツ 083BBT 4.0oz
コスト重視のユーザー向け
083BBT

Printstar ハイグレードTシャツ 158HGT 6.6oz
オープンエンド糸のしっかり感
158HGT

United Athle レギュラーフィットTシャツ 540101 5.0oz
程よいスリムさと新鮮なカラーが豊富
540101

United Athle ハイクオリティーTシャツ 500101 5.6oz
カラー展開が豊富なスタンダード
500101

United Athle プレミアムTシャツ 594201 6.2oz
細かなこだわりが玄人向け
594201

DALUC スタンダードTシャツ DM030 5.0oz
品質の高さは085CVT以上か?
DM030

DALUC Fine Fit T-shirts DM501 4.6oz
タイトなモードスタイル
DM501

Touch&Go タッチアンドゴーTシャツ SS1030 6.2oz
丈夫!ビックサイズもある
SS1030

MAXIMUM ユーロTシャツ MS1141 5.3oz
上品な生地のスリムシルエット
MS1141

FRUIT OF THE LOOM フルーツベーシックTシャツ j3930hd 4.8oz
老舗アメリカの定番
j3930hd

比較方法は5つ

1、Tの形の微妙な違い 【パターン比較】
2、フィッティング・落ち感 【着用比較】
3、首のつまり具合やデザイン性 【ネック比較】
4、チク透け【透け比較】
5、生地表面の表情・触り心地 【生地比較】

※随時更新していきます。

1、Tの形の微妙な違い【パターン比較】

パターン(型紙)を比較しましょうという話ではなく
平置きの写真からある程度の雰囲気として
袖の感じや、丈の長さなどよくお分りいただけると思います。

実際にパターン(型紙)を見せたところで、職人でない限り
それぞれの違いがどう出るのかわかりません(笑)

Printstar 085CVT

日本で一番売れているTシャツ。Tシャツとしての動きやすさ、使い勝手を追求したカタチ。

Printstar 083BBT

085CVTの弟分で、生地が薄いタイプですので、形は同じです。

Printstar 158HGT

085CVTの兄貴分と言いたい所ですが、形は袖口が狭くなって少しタイトになっています。でも、袖は落ちていないので、動きやすさは損なわれていません。

United Athle 540101

United Athleはアパレル寄りのブランドなので、肩と袖は落ちており、スタイリッシュです。特にこの型番は袖口も細くタイトになってます。

United Athle 500101

United Athleの一番定番商品です。やはり085CVTと比較すると少しスタイリッシュです。

United Athle 5942

500101と同じ形ですね。

DALUC DM030

実はPrintstar 158HGTとほぼ同じ形をしています。

DALUC DM501

今回紹介するアイテムの中で一番タイトです。同じSサイズですがこれは一回り小さい。

Touch&Go SS1030

085CVTと同じ形です。

MAXIMUM MS1141

United Athle 540101とほぼ同じ形です。タイトでスッキリして見えます。

FRUIT OF THE LOOM j3930hd

老舗のTシャツ。やはり定番あたりはほとんど変わりませんね。少しだけ袖が小さめ。

まとめ

085CVT・083BBT・SS1030・j3930hd はほとんど同じパターンですね。

時代背景から読み解くとFRUIT OF THE LOOMのパターンが、昔の一般的な形ですので、これがクラシックな標準だと思われます。Printstarの085CVT・083BBTはわかりますがSS1030がほとんど同じなので、チームで着る時に、在庫がなかったり、色を変えたい時にはそれぞれで代用が効きそうで覚えておくと便利ですね。

158HGT・DM030は袖が少し細くなってすっきりしています。ただし肩は落ちていないので(なで肩のようにはなっていない)ジャケットのように肩が動きにくいということはありません。United Athleシリーズは肩が落ちてなで肩のパターンになっています。他のブランドに比較してアパレル寄りなアイテムだとわかります。

さて、これは全て平置きの状態で、です。同じパターンでも、生地の重みや伸縮性で落ち感が違い、着用イメージも変わります。
次回は着用比較をしたいと思います。

投稿日:

Tシャツ豆知識

, , , , , , ,

今ならに発送予定

※決済方法により異なります。

※注文後、メールで詳細をお伝えしています。