夏なのに、夏だからこその長袖男子 is Good

「命に関わる危険な暑さ」この表記を見る度に、ファッションは体を守る防具だよなぁと思う私です。

まだまだ残暑が厳しい昨今、それでも僕は長袖を愛用している、と言ったら嘘だと思いますか??

長袖といいつつ写真は8分丈なのですが、個人的に暑いシーズンを気持ちよく乗り切るマイこつは「長袖」と「頻繁な着替え」だと思うのです。

暑い時期でも長袖を愛用するその理由をご紹介します。

直射日光が体力をガンガン削ってくるから

夏だ日焼けだ!と直射日光に肌を晒していると、暑いですよね。ダメージですよね。

立っているだけで体力ゲージをチビチビと削られているイメージ。

直射日光を食らう部分が少なければ少ないほど体力は保護されます。まさに防具、服は太陽光から体を守る防具という側面もあります。

汗で体温調節してるから

そもそも暑い時に汗をかく効能って、体の熱を汗の蒸発で温度調節しようとしているんですよね。

じゃあ長袖じゃなく半袖でガンガン汗をかいたらどうよ?ってわけじゃなくて、直射日光を肌に当てると「汗をかいて体温を下げている以上に熱をもつ」んです。なんならプラマイで「プラス」になっちゃってる状況なのです。

体の熱が冷ましきれずに上がり続けると「熱中症」になってしまいます。なので下げましょう。少なくとも上げないように気をつけましょう。頭に帽子をかぶるように、体には長袖を。

長袖の布それ自体が太陽光を防ぎ、布と肌の間の空気が温度上昇を防ぐダブル効果!体温調整を助ける長袖!

大人っぽいところも、いい

防具であることを推してきた私ですけども、かっこわるいとやっぱイヤですよね。どうせ着るならオシャレな方がいい。

素材やサイズ感をこだわって選べば、長袖や中途半端袖でも大人っぽく見せられますし、大人が着ても違和感はありません。(毎日写真の感じで出社しています。)

写真で着ているのはSAINT JAMES(セントジェームス) の「MORLAIX(モーレ)」。ちょうど良く薄手で真夏でも着られます。

室内と外、気温差がすごいから

いやそんなに外で太陽光浴びないから半袖着るね!って人も、空調の効いた建物内、車や電車の中と野外の温度のギャップは体感していませんか??

中と外の大きすぎる気温の変化も地味にダメージすごいですよね。

うちの職場も御多分に漏れずエアコンがガンガンに効いていて(それはそれでありがたいけども)寒いんですよ。

無理せず長袖で対応がベストなのです。寒さ対策としても長袖は機能します。

とはいえ汗でベタベタはやだよね

いや、長袖暑くないの? って話なのですけども、どちかと言えばやっぱり暑いです。半袖と比べてトータルで涼しいだけであって、やはり暑い。

汗は出ます。

肌にまとわりつく布の感じは普通に不快です。なので出来るだけさらっと着心地のよいものを選ぶように心がけていますし、不快に感じたら出来るだけすぐに着替えます。

ドライ機能のある長袖も最近は安価で手に入るので肌にまとわりつくのがヤダなーって方は、こういうタイプ夏の長袖を試してみてはいかがでしょうか。

Glimmer(グリマー) | 3.5オンス インターロックドライ長袖Tシャツ – Tshirt.st 

まさに「着る日陰」

海や山で遊ぶ時も、釣りやキャンプで長時間野外にいる時も「体に日陰を作る長袖」を上手いこと使って体を守りつつオシャレを楽しむのはいかがでしょうか。

自分のプロフィール写真でも長袖白カットソーで通すくらい著者は長袖を愛用しています。暑すぎる今年の夏、快適に乗り切りましょう!

長袖、おためしあれ!

-Text by シンタロヲフレッシュ

ココロ浮かせる “モノ・コト” メディア 「prasm」を運営する、ライフスタイルブロガー。

ブログ:prasm
Twitter:@shintarowfresh

投稿日:

CASUAL NOTE

, , ,

今ならに発送予定

※決済方法により異なります。

※注文後、メールで詳細をお伝えしています。