脱!子供っぽさ。大人感を演出する”黒Tシャツ”のススメ

「白」という色はとても便利な色。

白いシャツや、白い靴下がクローゼットの中に無い、という人は珍しいのではないでしょうか。赤青黄色、どんな色にも合い上品で清潔な印象を相手に与えられるのでコーディネートの基盤として実に重宝します。

「白が使いやすい」というのはTシャツにおいて言えることで、ファッションの世界では「白Tシャツ」というものが一つの定番ジャンルとして確立すらしています。渋谷には「FFFFFFT」という名前の”白Tシャツの専門店”ほどで、その人気の高さが伺えます。

黒のスキニーに合わせてシンプルに、デニムと合わせてカジュアルに。

私自身もよく合わせるスタイルですが、「白Tシャツ」は様々な場面で使える実に汎用性の高いアイテムです。

白Tシャツは子供っぽい?

「じゃあ白Tシャツ万能じゃん」と思われた方、いらっしゃいますよね。

もちろん便利なアイテムであることは間違いありませんが、万人全てにお勧めをできるというわけではなく、人によってはマイナスに働いてしまうようなことも。

その代表例の一つが「白Tシャツはこどもっぽいイメージが付いてしまう」というもの。

白、という入のは上品・清潔の他に「若い」という印象も与える色です。

なので着用する人間が童顔や若い見た目の場合、相乗効果で「子供っぽく」見られてしまうこともあるのです。特に丸襟やオーバーサイズのものなどは尚更。

私も年齢よりも若く見られてしまう方なので、白Tシャツは好きですが着る際はシャツを一枚羽織る等できるだけ子供らしさを抑える努力をしています。

“大人感”を演出する黒Tシャツ

「白Tシャツが着れないなら何色のTシャツを着たらいいの?」と迷われている方に私がオススメしたいのは「黒Tシャツ」です。

白の反対は黒、という単純な論理で、黒という色には「大人」「落ち着き」というイメージが連想されます。なので私は今年の夏は積極的に「黒Tシャツ」を着て過ごしていました。

同じTシャツで、しかも短パンという子供らしいアイテムを組み合わせているにも関わらず、何だか大人っぽく見えてきませんか?

革靴や大きめの時計などきちんと小物を合わせてあげればあっという間に大人コーディネートの出来上がり。

黒はちょっと地味すぎる、という方には紺のTシャツもオススメです。落ち着いている中にどこかスマートで知的な印象を演出できます。

白と黒を使い分ける

白も黒も様々な色と合わせやすい汎用性の高い色ですが、与える印象は180度異なります。これまで白Tシャツしか持っていなかったという人はこの機会に真反対の「黒Tシャツ」にも是非挑戦してみてはいかがですか?

Tshirts.stには幅広いサイズ、生地のTシャツが揃っているのであなたに合いそうな黒Tシャツを心ゆくまで探してみて下さい。

白から黒へ。今まで見えなかった、ファッションの世界がぐっと広がりますよ。

Text by 堀口英剛

月間40万人の男子が読んでいるモノメディア「monograph 」運営。

ポプラ社よりモノマリスト本 発売中。

Twitter:@infoNumber333

投稿日:

CASUAL NOTE

, , , , ,

今ならに発送予定

※決済方法により異なります。

※注文後、メールで詳細をお伝えしています。