品質と“今っぽさ”の追求。United Athle – urban label

品質、価格、ブランド、何かを購入する際、私たちは様々な要素を検討しながら選びますが、ことファッションにおいて「トレンド」という存在を無視することはできません。

ここ1,2年ほどは、90年代カルチャーのリバイバルが盛んとなり、古着やストリート系の着こなしがトレンドに色濃く反映されるように。

もはや定番となりつつあるビッグシルエットのアイテムやスポーツミックスと呼ばれるスタイルもこの流れから生まれたものです。

いつもの“ベーシック”だけでなく、その時々しか楽しむことができないトレンドを意識すると、ファッションがより楽しくなるはず。

ただ、こうしたトレンドは一歩間違えてしまうと“やりすぎ感”が出てしまうことも。だからこそ、上手に取り入れるアイテムを選んで身につけたいものです。

United Athle – urban label

Tシャツ好きならば、知らない人はいないであろうUnited Athle

素材となる綿の選定から、縫製に至るまで妥協することなく品質を追求しつつも、徹底的なコストカットにより低価格を実現しているカットソーを中心としたブランドです。

United Athleの名前で販売されているのはもちろんですが、イベントのグッズに用いられることも多く、知らず知らずのうちにあなたのクローゼットにもUnited Athleのアイテムがあるかも。

そんなUnited Athleの中でも、特に注目してほしいのがurban labelと呼ばれるセカンドライン。

Urban(都市)を冠している通り、ビッグシルエットやレイヤードなど、その時々のトレンドを捉えつつ、より日常的なデザインに落とし込んでいるのが特徴です。

urban labelのビッグT

今回は、そんなurban labelからベーシックなビッグTシャツをご紹介。

身幅58cmというサイズからも分かる通り、身幅を大きくとったシルエットが特徴。

それでありながら、着丈69cmに抑えることで野暮ったさを軽減し、スッキリとした印象に。

Tシャツのシルエットを保つ上で重要な首元には、ダブルステッチを採用。毎日使うものだからこそ、こうして耐久性を高めてくれる仕様は嬉しいですね。

ボディにはセミコーマ糸を使用し、なめらかな質感と耐久性を実現。

セミコーマ糸とは、ラフな質感で耐久性に優れた「カード糸」と、繊細ながらも光沢と柔らかな風合いが特徴の「コーマ糸」のいいとこ取りをした素材です。

一枚でも、インナー使いでも

着てみるとこんな感じ。ストンと落ちるボックスシルエット。

とにかく大きければよい、というビッグTシャツも多い中、身幅を大きく取りつつも着丈を短めに、袖も肘にかからない程度に”今っぽく”デザインされてています。

ブラックのカーディガンと合わせて、ゆったりとしたコーディネート。

デニムジャケットと合わせて、少しこなれ感のある印象に。

いつもは白のカットソーをインナーとして合わせることが多いのですが、今回のサンドカーキのようなアースカラーが入ると優しい雰囲気になりますね。

一枚はもちろん、インナーとしても、一年中活躍してくれるアイテムになりそうです。

Urban labaeで着こなしにトレンドを

特別なときの一着にこだわるのも素敵ですが、毎日の服装にも少しだけ“トレンド”をプラスしてみると、より着こなしの幅に広がりを与えてくれるはず。

ユナイテッドアスレ(United Athle) | 5.6オンス ビッグシルエットT ポケット付 -Tshirt.st

以下の記事でもurban labelのロングTシャツを紹介されているので、ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。

秋、大人のリラックス感。United AthleのワッフルロンT【レビュー】- CASUAL NOTE

-Text by 緑川 航平

服と音楽とラジオが好きな1998年生まれの20歳。編集とライティングをしています。

Webマガジンハレカラケ(harekarake.com)編集長。

Twitter:@k_mdrkw Instagram:k_mdrkw

投稿日:

CASUAL NOTE

, , , , , , ,

今ならに発送予定

※決済方法により異なります。

※注文後、メールで詳細をお伝えしています。