ジップアップパーカーとプルオーバーパーカーの着こなし

カジュアルファッションの定番、パーカー。
パーカーは大きく分けると「ジップアップパーカー」「プルオーバーパーカー」の2種類があります。

「ジップアップパーカー」はシャツのように前開きでフロントにジップがついており、「プルオーバーパーカー」は頭からかぶって着用するもののことを指します。

同じパーカーでも、しっくりくる着こなしはそれぞれ異なります。
僕もこの2種類のパーカーがどちらも好きで着ているのですが、それぞれの着こなしに変化を加えています。

本日はその中でも、僕がよくするコーディネートを紹介します。

ジップアップパーカーの着こなし

ジップアップパーカーは、羽織るように重ね着することになるので、コーディネートの難易度が高くなります。

ジップを閉めて着るのもありですが、開けることで重ね着の幅が広がるのがジップアップパーカーの醍醐味。僕はいつもジップを開けて着ています。

インナーにシャツ

まずはシャツの上からパーカーを羽織るスタイル。
パーカーはカジュアルなイメージの強いアイテムなので、キレイめな印象のシャツと合わせることでドレスとカジュアルのバランスをとっていきます。

キレイめな雰囲気が好きな方はこの着こなしがおすすめ。ジップパーカーを大人っぽく着こなすことができます。

インナーにTシャツ

Tシャツの上からパーカーを羽織るスタイル。
先述のシャツの着こなしとは打って変わって、カジュアルなTシャツにカジュアルなパーカーの組み合わせ。

全体的にカジュアル要素が強く、ルードな印象をアピールできるスタイリングです。
男らしい雰囲気で着こなしたい方におすすめ。

プルオーバーパーカーの着こなし

プルオーバーパーカーは上から被るように着用するので、ジップパーカーと比較すると着こなしの幅は狭くなります。装飾も少ないので、少し物足りないと感じる人もいるかもしれません。

ただ、プルオーバーパーカーでも重ね着は十分に楽しめます。

プルオーバーパーカーの重ね着は、基本的に首元や裾からインナーをチラ見せするスタイルになります。シンプルなスタイルに落ち着きやすいので、着こなしの難易度がそこまで高くないのも良いところです。

インナーにシャツ

先述のジップパーカーと同様ですが、インナーにシャツをチラ見せすることでキレイめな雰囲気をアピールできます。

パーカーだけだと首元が寂しく見えてしまいがちなので、ちょっとしたアクセントになります。

ただ、ジップパーカーと比較するとシャツが見える面積は狭くなるので、どちらかというとカジュアルな印象の方が強くなります。

インナーにタートルネック

インナーにタートルネックは冬場に活躍するレイヤードスタイル。
先述したシャツスタイルと比較すると、首元が完全に覆われるのでインナーの主張が強くなります。

首回りの印象が上品に整うので、大人でドレスライクな雰囲気をアピールできます。
冬場であれば首元の防寒にも繋がるのでおすすめです。

同じパーカーでも様々な着こなしを

同じパーカーでも合わせるアイテムや着こなしによって印象は変化します。
自分をどんな印象に見せたいのか、その日はどんな気分なのかによって使い分けると良いでしょう。

本日紹介したスタイリングはほんの一部で、組み合わせは無限大。手持ちの洋服とパーカーを合わせて試してみてはいかがでしょうか。

またこれを機会に、新しい色やデザインのパーカーにチャレンジしてみるのも良いですね。

Tshirt.stではTシャツだけでなくパーカーも多数扱っていますので、コーディネートの幅を広げたいなと思った方はぜひチェックしてみてください。

▶︎Tshirt.st

-Text by SORIN

ファッションブログ「WEARNOTE」を運営。コーディネートのテクニックや、UNIQLOからドメスティックブランドまでおすすめアイテムの情報を発信してます。

ブログ:WEARNOTE
Twitter:@DECOjp0

今ならに発送予定

※決済方法により異なります。

※注文後、メールで詳細をお伝えしています。