この冬のもう一着に。トレンドの「ボアジャケット」はいかがでしょうか

「オシャレは我慢」という言葉よく耳にします。

確かにオシャレなアイテムのというのは、往々にして機能的ではありません。革靴よりスニーカーの方が、ジャケットよりジャージの方がずっと生活しやすいのは間違いないでしょう。

それでも、私たちはカッチリとしたジャケットを羽織り、キチキチの革靴を履きます。夏でも涼しい顔をして。

Mistergentleman12

さて、冬になるとボリューム感のアウターを用いる機会が増えますが、これがまたやっかいなのです。なんたって重いですから。ロングコートをなびかせながら颯爽と歩くお姉さんたちもきっと肩こりに悩まされているのでしょう。

いくら我慢といえども、その生活が毎日続くのはやっぱりツライもので、たまには手を抜きたくなるのが人間。今回ご紹介するのは、軽くて暖かくて、トレンドを抑えた欲張りなアイテムです。気合が入りすぎずゆるりと羽織れるので、我慢せずともオシャレが手に入りますよ。

もりのがっこう – フロントボタンボアジャケット

Boa jacket1

今回ご紹介するのは、もりのがっこうのフロントボアジャケット。

もりのがっこうは以前こちらの記事でも少し触れていますが、ハンドメイドEC出身の気鋭ブランド。レディースをメインにシンプルで上質なアイテムを数多くリリースしています。

もりのがっこう – TokyoTshirt.st

Boa jacket3

メンズラインもまだ数少ないですが展開が始まっており、こちらのボアジャケットもユニセックスで着用できるアイテム。

襟元はノーカラーに仕立て、アンティーク調のゴールドボタンでアクセント。デイリーユースできる品の良さに少しだけ捻りの効いたデザインは、さすがです。

Boa jacket6

ふわっと丸みのあるシルエットながら袖や腰元はリブでキュッと締めてあげることでスッキリとした印象に。

Boa jacket4

肉厚なボアの生地感は、風を通さず体の熱を逃がしません。これなら冬のアウターとしてもバッチリです。

Boa jacket5

昨季までは見かけることの少なかったボア系アイテムですが、今季は一気に流行となり街のあちこちで見かけるように。こうした流行に乗って今しかできない着こなしもたまには良いものです。

着丈短めで合わせやすいシルエット

Boa jacket8

今回のモデルはフリーサイズということで、男の僕が着ても少々オーバサイズなシルエットに。アームホールと身幅もたっぷり取られているので、中にしっかり着込んでも問題なさそう。

この日は淡いブルーのデニムとローテクスニーカーを合わせて少しラフな感じのスタイリングに。

Boa jacket12

ゆったりしていながらも、着丈は短めに抑えられているので、ダボッとだらしない印象になりすぎぎない点がグッドです。

Boa jacket16

ちょっと優し目の色味に合わせて。いつもは、黒い細身のパンツを履きがちですが、こうしたアウターになると合うものが少し変わってきますね。ちょっと新鮮です。

Boa jacket19

横からのシルエットはこんな感じ。袖は手のひらがすっぽり隠れるくらい。

Boa jacket20

ドロップショルダー気味で、ふわっと優しい印象に。

もう一着買うならボアジャケット

Boa jacket14

寒い寒い冬もそろそろ後半戦。きっと皆さんもそれぞれの“メイン”アウターをお持ちの事と思いますが、そろそろ飽きが着たという方もいらっしゃるのではないでしょうか。なんせ、僕自身がそうなので…(笑)

そんなときにもう一着アウターがあると便利です。せっかくなら簡単に着こなしの幅が出せる、ボアジャケットという選択も悪くないと思いますよ。気になった方はぜひ、以下よりチェックを。

ユニセックスなので、カップルでシミラールックなんていうのも素敵ですね。

フロントボタンボアジャケット – TokyoTshirt.st

Whideout.のボアジャケットも合わせてどうぞ

先日、ご紹介した韓国発のコンテポラリーブランド「Whideout.」のボアコートもこの冬、大変お世話になりました。こちらもザクッと羽織るだけで雰囲気の出るアイテム。ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。

関連記事:暮らしをアップデートする洋服。2019年要注目のブランド「whideout.」

今ならに発送予定

※決済方法により異なります。

※注文後、メールで詳細をお伝えしています。