Tshirt.stの「ポロシャツ」部門2トップ、その魅力とは?

これまでもTシャツの記事を数多く書いてきましたが、同じように春夏の定番着と言えるのがポロシャツ。

さらっと着ながらも、襟があるのでTシャツに比べると少しフォーマルな印象を与えてくれる“大人”のアイテムです。

今回はTshirt.stでも人気のポロシャツ2トップを比較しつつ、試してみました。ぜひ最後まで御覧ください。

1. Printstar – T/Cポロシャツ

Polo shirt17

まずご紹介するのはPrintstar(プリントスター)のT/Cポロシャツ。皆さんがイメージされるザ・ポロシャツの形ですね。今回はパープルをチョイスしてみました。

Polo shirt18

Printstarは、日本で最初にプリントTシャツを作ったブランドと言われ、現在は通販を中心にこうしたTシャツやポロシャツを製造販売しているブランド。

カラーバリエーションとサイズの豊富さ、そして何よりも手頃な価格が最大の魅力です。

Polo shirt19

綿とポリエステルのバランス良く合わせた、さらっと手触りの良い鹿の子生地。5.8オンスなので一枚でも、インナーでもどちらでも使用可能。

Polo shirt20

袖の部分はリブ仕様に。袖丈は少し短め。長さがないぶん、だらしなさがないので、スッキリと着こなすことができそうです。

Polo shirt2

カラーは24色、サイズはJS〜5Lの11サイズから、またポケットの有無も選ぶことができます。一体何通りあるんだろう…

Printstar(プリントスター) | T/Cポロシャツ(ポケット有)

Printstar(プリントスター) | T/Cポロシャツ(ポケット無し)

2. Glimmer – ドライポロシャツ

Polo shirt8

続いては、Glimmer(グリマー)のドライポロシャツ。こちらはグレーを。

Polo shirt9

Glimmerは、スポーツやレジャーなどのアクティビティに必要な機能性を追求したウェアブランド。速乾性に優れたドライシリーズが人気を集めています。

Polo shirt14

生地は速乾性に優れたメッシュ素材。水分をすばやく吸収して蒸発させるので、ベタつきが少なく快適な着心地。

また、UVカットの機能も併せ持っているため、屋外で過ごす際にもオススメです。

Polo shirt11

シルエットは先ほどのPrintstarに比べるとやや着丈短めで細身の印象。

Polo shirt15

カラーバリエーションは30種類以上。ブルー系の色味だけでも6種類あるので、きっとあなた好みのカラーも見つかるはず。

Glimmer(グリマー) | ドライポロシャツ(ポケット付)

Glimmer(グリマー) | ドライポロシャツ

着てみました

Polp shirt01

実際に着用してみました。Printstarは、襟元がキュッと詰まっているので、上まで閉めて着てもこれはありかも。

シルエットは175cmの細身体型で、Mサイズがぴったり。一枚で着用する場合はもうワンサイズ上げてみても良いかな、と感じました。

Polp shirt00

Glimmerは素材感もあってか、シルエットの印象に比べるとかなりリラックスした着心地。

やはり、メッシュ素材はさらっとしているので、着ていて気持ちよさを感じますね。これは夏に着たい。

納得の品質

Polo shirt10

今回はTshirt.stで人気の高いポロシャツ2型をレビューしてみました。いかがでしたでしょうか。

サイズ展開、カラーバリエーションの豊富さ、しっかりとした生地感、そして何よりもお手頃な価格。やはり人気であるということは、それだけの理由があるのだと感じます。

ぜひ、品質に優れたポロシャツを皆さんの春夏の一着に。

【紹介した商品】

Printstar(プリントスター) | T/Cポロシャツ(ポケット有)

Printstar(プリントスター) | T/Cポロシャツ(ポケット無し)

Glimmer(グリマー) | ドライポロシャツ(ポケット付)

Glimmer(グリマー) | ドライポロシャツ

今ならに発送予定

※決済方法により異なります。

※注文後、メールで詳細をお伝えしています。