今年の春も引き続きトレンドのベイクドカラー!上手に取り入れる3つの方法

2018年の秋冬は『ベイクドカラー』がトレンドでした。その波は2019年の春夏も続きそうです。

今回は、これらのトレンドカラーを上手に春夏のコーディネートに取り入れる方法をご紹介します。

2019年春夏のベイクドカラーはどんな色?

2018年秋冬はベイクドカラーの中でも、マスタード・ベイクドメイプル・ベイクドグリーンなど、深みとくすみを取り入れた濃い色が人気でした。

2019年春夏の『ベイクドカラー』は、くすみがありつつも春らしく薄い色に注目が集まりそうです。

くすみブルー、くすみグリーン、くすみピンクなどがあげられます。

1. 小物でトレンドカラーを楽しむ

バッグやヘアアクセサリー、靴などの小物を使ってアクセントとしてトレンドカラーを取り入れると、いつものコーディネートが一気に「今年らしく」変わります。

普段の服装とかけ離れず、取り入れやすいのも小物のいいところ。

レッド・ブルー・イエローなどのはっきりした色をファッションに取り入れるのに抵抗があったり、クローゼットが白・黒・グレー・ネイビーなど決まった色で溢れていたりする人は、小物でトレンドカラーを楽しんでみてください。

ベイクドカラーは、「はっきりした色は似合わない!!」と避けていた方でも挑戦しやすい色です。小物で華やかさをプラスして、おしゃれを楽しんでみてください。

2. 他のアイテムの色使いでベイクドカラーアイテムの雰囲気を使い分ける

ベイクドカラーを取り入れるとき、相性のよい色はベージュ・グレー・オートミールカラー・ホワイトなど主張の少ない色がオススメです。

ベージュ・グレー・オートミールカラーは、春のベイクドカラーとトーンが近いのでコーディネートにまとまりが出て、上品に着こなすことができます。

ホワイトは、ベイクドカラーの彩度の低さを補ってくれるので、春らしい華やかさを添えることができます。コーディネートを引き締めたい時には黒を使うことが多いですが、今回春のベイクドカラーとは少々相性が悪いです。

ベイクドカラー自体がくすみを含んでいるので、黒のアイテムを用いると重たいコーディネートになってしまい、春のさわやかさから遠ざかってしまいます。

ベイクドカラーのアイテムを使うときは、ベージュ・グレー・オートミールカラー・ホワイトを一緒に使ってみてください。

3. メイクでトレンドカラーを楽しむ

ファッションに合わせてメイクを変えてみると、トレンドカラーをもっと楽しめます。普段ブラウンメイクで変化がない人は、「カラーシャドウ」や「カラーライナー」を使って変化を楽しんでみてください。

・目尻にだけアイシャドウをワンポイント入れる
・アイラインをカラーライナーにする
・マスカラをカラーマスカラにする

この3つでしたら気軽にチャレンジできます。
今年の春は、マンネリ化してしまったメイクを卒業してみるきっかけにしてみてください。

今年の春は色で冒険してみよう

トレンドアイテムは形が奇抜なものもあり「デザイン的に抵抗がある」「長く使えない」という理由から、なかなか冒険ができない人も多いかと思います。

ベーシックなアイテムでも、色をトレンドに変えることで流行を楽しむ事ができます。

今年の春はトレンドカラーを取り込んで、コーディネートをアップデートしてみてはいかがでしょうか?

今ならに発送予定

※決済方法により異なります。

※注文後、メールで詳細をお伝えしています。

※お急ぎの方は爆速便へ