たたむと収納が一石二鳥に!Tシャツの魅せる収納を実現する「TATEMU」

すっかり暖かくなりました。気温によってはTシャツ1枚でも過ごせる時間帯もあるくらい。つまりTシャツの稼働率がうなぎ登りになるシーズン到来というわけです。

でもこんなときいつも思いませんか。

衣装ケースからTシャツ出したら、またきれいにたたみ直さないといけない。タンスの引き出しに入れると、なんかゴチャゴチャした感じになるし、着たいTシャツ見つけにくい。探してるうちにほらまたぐちゃぐちゃになってしまった!

筆者の場合、たたんだはいいけれど、引き出しの中でヨレヨレに崩れてしまうことはよくあります。出したり戻したりするうちに最後はたたむのが面倒になって、適当に丸めて放り込んだりしてしまうのです。たたみ方(記事URL)まで調べたのに!

「TATEMU」で解決!

拳を握りしめて苦悩していたところ、面白いアイテムを見つけました。世間にはいろんなTシャツの収納方法が紹介されています。中には子どもが放り投げても大丈夫! といったものもありますが、ここはひとつ、誰も放り投げないことを願いながら、おしゃれと機能性を両方満たしてみましょう。

それは「TATEMU(たてむ)」(http://bandohshiki.co.jp/tatemu-2/)という製品を使う方法です。これは薄手のTシャツを1枚ずつたたんで収納できる紙製ケース。薄くコンパクトにまとまるうえに、寝かせて重ねて、立てたままで収納できるようになります。

薄いTシャツ向けのケースです

さらに1つ取り出しても他のTシャツがバラバラになりませんし、取り出すときはどんなTシャツかがわかるため、さがしやすくなるというメリットもあります。Tシャツのデザインにこだわりがある方なら、本棚を使ってあえて見せる収納をしてもいいでしょう。

縦たままディスプレイできます

崩れないので向きは自由自在

Tシャツの柄も確認しやすくなります

たたむのも楽しく!

嬉しいのは、Tシャツたたみが苦手な方でも、このケースを使うことで迷わずたためるようになること!

1)「TATEMU」を広げます

「TATEMU」を広げます

2)Tシャツの形に空いた部分を上にして、「TATEMU」の上辺とTシャツが同じ高さになるように、Tシャツを伏せておきます。

Tシャツを伏せておきます

上をそろえるのがポイント

3)Tシャツの裾を「TATEMU」の下にそろうように内側に折りたたみます

Tシャツの裾を「TATEMU」の下にそろうように内側に折りたたみます

4)「TATEMU」の袖の片側を内側に折りたたみます。

袖の片側を内側に折りたたみます

5)反対側の袖も内側に折りたたみます。はみ出したTシャツの袖は、「TATEMU」の中に入れましょう。

反対側の袖も内側に折りたたみます

6)「TATEMU」を半分にたたみます

「TATEMU」を半分にたたみます

7)フタをします

フタをします

フタをします

8)完成!

TATEMU完成

なんと、Tシャツの形をした穴からタグが見える! 同じ白いTシャツでも、ブランドを確認したいときなんかによさそうです。

Tシャツの形をした穴からタグが見える

Tシャツを取り出したいときは、見えている部分を引っぱるだけ。Tシャツをたたむの面倒くさい! と思っていても、インテリアのためと思えば向き合い方も変わりそうです。

ずぼらな筆者も引き出しに放り込む毎日から、整頓へとシフトできました。Tシャツ管理にまつわるあらゆる悩みが解消するんじゃないの? とも思える「TATEMU」。Tシャツをプレゼントしたいときのケースとしても活用できそうですね。

長袖Tシャツにも使えます

ちなみに、長袖Tシャツも小ぶりのサイズなら収まりそうです。袖が余ってしまいますが、内側にたたみ込んでしまえばOK。「TATEMU」に入れてしまうと袖の長さまではわからなくなりそうなので、収納場所を変えるか、「TATEMU」の色を変えることで対応してみましょう。

長袖Tシャツも小ぶりのサイズなら収まりそう

袖は適当に折りたたんで!

長袖用はケースの色を変えたいところ

関連記事

CASUAL NOTE
Tシャツの畳み方に新提案!「TATEMU」で本棚のような収納を。

Tシャツの畳み方に新提案!「TATEMU」で本棚のような収納を。

Tシャツって、毎年増えていきませんか? 僕の場合、夏が近づくたびに服屋に行き、好みのTシャツを見つけるとつい手…

今ならに発送予定

※決済方法により異なります。

※注文後、メールで詳細をお伝えしています。

※お急ぎの方は爆速便へ