オーストラリアのファッション事情と激安アパレルショップで買ったTシャツコーデ

これまで、海外のファッションシーンやちょっと変なTシャツを売っている店を取材してきた。今僕はオーストラリアに来ているので、今回もちょっとした海外ネタを綴っておきたい。

これまでは「変なTシャツ」にフォーカスしていたのだけれど、色々と見て回った結果、「オーストラリアの変なTシャツもこれまでの海外ネタに近い」という結果に終わった。ネタとしては代わり映えしないということで、今回は「オーストラリアで人気の激安アパレルショップで買ったTシャツコーデ(女性編)」を紹介しよう。

関連記事

CASUAL NOTE
外国人のダサいTシャツ。オーストラリアのダサいTシャツ売り場とそれらを着る理由

外国人のダサいTシャツ。オーストラリアのダサいTシャツ売り場とそれらを着る理由

「そういうの、どこで売っているの? 」と思うほどに、ダサいTシャツを着ている外国人観光客をよく見かける。秋葉原…


無地Tシャツショップ:Tshirt.st

オーストラリアのファッション事情

「オーストラリアって暖かいイメージがあるけれどみんなどんな服装をしているの? 」と疑問に感じる人も多いかもしれない。僕が滞在しているサンシャインコーストという街は、亜熱帯気候の街。そのため年間の気温差は少なく、15度〜30度という感じ。なので日本のように「秋服」や「冬服」といったように、季節ごとに細かく分かれていない印象だ。

基本的に男女ともにタイトな服装 で露出が多いファッションスタイルが多く、タンクトップに短パン、Tシャツにジーンズなど、シンプルでカジュアルなファッションの人が多い。また、年齢や体型に関わらず、自分に合ったサイズを着こなしている。

日本ではビッグシルエットや重ね着がトレンドだが、オーストラリアではそういう服装をしている人はほとんど見かけない。いるとすれば日本人観光客くらいのもの。

ざっと行き交う人を見た感じだと、ファッションブランドなどにこだわりがあるようには見えない。シンプルで飾らない「自分のスタイルに合った服装」をしているオーストラリア人は、どこで服を購入しているのか。

オーストラリア人おすすめの激安アパレルショップ巡り。実際にTシャツを購入してみた

「安くてスタイリッシュなショップがあるから」と、友人がおすすめするストア『COTTON ON(コットンオン)』へ。今回は女性編ということで、元アパレル店員の筆者のワイフが選ぶ。

彼女いわくここは日本でいう「GU」や「ファッションセンターしまむら」のような存在らしく、インナーやソックスといった定番系アイテムから、流行を取り入れたアイテムまで幅広く展開している。

店内は倉庫のような雰囲気で、レディースやメンズ、キッズ、雑貨などのコーナーに分かれている。ラックには値段ごとに商品が並べられており、低価格の商品がぎっしり並ぶ。

圧倒的な安さと商品の多さが魅力で、選ぶのも楽しい。ちなみに、オーストラリアの物価は日本の1.5倍から2倍程度。ビッグマックセットは1,000円くらいするし、セブンイレブンのペットボトル飲料は350円ほど。そんな中3ドル(240円)で衣類を売っているコットンオンが、いかに安いアパレルショップかが分かってもらえると思う。

悩みに悩んだ結果、今回選んだのはこの2枚。どちらも日本では選ばなそうなTシャツだ。

【買った服でコーデしてみる】

1.カラフルなマルチボーダーTシャツ(10ドル)

ワイフがまず選んだのは、カラフルなマルチボーダーTシャツ。取り入れたポイントは以下のような感じ。

* ジャストサイズを選んで体のラインが綺麗に出るように
* 明るい色の組み合わせで表情が明るく見えるように
* タイトなスカートを合わせ大人っぽい雰囲気に

オーストラリアではこうしたマルチボーダーが流行っているのか、さまざまなショップで見かけた。10ドル(800円)とコットンオンの中ではやや高めではあるが、他の安いショップでも$2~30なのを考えるとかなり安い。シンプルなコーデで、若く見られがちなアジア人でも多少大人っぽさを演出できる。

2.チュール付きミッキーマウスTシャツ(5ドル)

そして次にワイフが選んだのは、チュール付きのミッキーマウスTシャツ。リメイク風のTシャツだけれど、わずか5ドル(約400円)で販売されていた。

* くたっとした生地感がラフさを演出
* 胸元のチュールが動きを出し、アクセントに
* デニムと合わせることですっきりカジュアルな印象に

リメイク風のカジュアルなTシャツなので、こちらは日本らしく古着テイストのコーデで仕上げた。

オーストラリアの激安アパレルは個性的でオンリーワン

こんな感じで、オーストラリアのファッション事情と、激安アパレルショップで買ったTシャツコーデを紹介してみた。日本では「これがお洒落だ! 」や「これを着れば間違いない」という指南のもと服を選ぶ人も多く、わりと量産型になりがちである。しかし、オーストラリアでは、トレンドなどに左右されず「自分に似合いそうな服」を軸にファッションスタイルを選んでいる印象。

多少のトレンドなどはありつつも、さまざまな服装を(格安で)楽しめるので、お洒落コーデを考えるには実はけっこう面白い国かもしれない。

無地Tシャツショップ:Tshirt.st


関連記事

CASUAL NOTE
外国人のダサいTシャツ。オーストラリアのダサいTシャツ売り場とそれらを着る理由

外国人のダサいTシャツ。オーストラリアのダサいTシャツ売り場とそれらを着る理由

「そういうの、どこで売っているの? 」と思うほどに、ダサいTシャツを着ている外国人観光客をよく見かける。秋葉原…

今ならに発送予定

※決済方法により異なります。

※注文後、メールで詳細をお伝えしています。

※お急ぎの方は爆速便へ