Tシャツ干しにおすすめのハンガーはこれ!

Tシャツの悩み、そのうちの1つは干し方ではないでしょうか。

青空のもと、竿やロープに袖を通して、または裾を洗濯ばさみで留めて、大胆かつ爽快感いっぱいに干されているシーンを見ることがありますが、狭いアパート住まいでは無理!

できるだけ省スペースかつ効率よく干せるアイテムとして、手っ取り早く思い浮かぶのはハンガーですね。1度にたくさん干せるというメリットがありますが、干し方に気をつけないと襟周りを伸ばしてしまったり、肩部分にハンガーの跡がついたり、Tシャツが型崩れする恐れがあります。

でも心配はご無用。ハンガーの選び方や干し方次第で、首周りの伸びや型崩れを防ぐことができます。また、実は今はかた崩れを防ぐハンガーも登場しているんですよ。

ハンガー別Tシャツ干しのポイント

3種類のハンガー
最近はいろんなハンガーがあります

1)普通のハンガーで、形を整えて二つ折りにしてかける

普通のハンガーの場合
普通のハンガーの場合、シワを伸ばして二つ折りにしてかけましょう

あまり大きなサイズではないという方向きです。

全体が乾くまでに時間がかかるというデメリットがありますが、Tシャツへの負担は少なめです。乾くまでの時間が気になるときは、裾をずらして二つ折りにしてみるといいでしょう。

2)すべりにくい素材のハンガーを使う

Tシャツが滑りにくい
シャツの肩が滑りにくいハンガー

Tシャツが滑りにくいので、襟が伸びにくいというメリットがあります。かけるとき、または取り外すとき、襟をひっぱらないようTシャツの下からハンガーを通すようにしましょう。

こちらのハンガーは肩にすべり止めがついています。また、肩にそって丸みを帯びているため、ハンガーの形がつかないというメリットもあります。

メーカー名:SUREハンガー(ブラック・グレー・ホワイト)
製品名:株式会社アントレックス

SUREハンガー(ブラック・グレー・ホワイト)
SUREハンガー(ブラック・グレー・ホワイト)

凹凸と穴があり、通気性もよくなっています
凹凸と穴があり、通気性もよくなっています

SUREハンガー

肩も丸くなっています

実は付属のクリップを使うとハンガーを縦に重ねられるほか、収納時にはスタッキングできるというすぐれものです。大量のTシャツをまとめて洗濯したときには、かなり重宝しそうです。

縦にかけられます

3)「型くずれしないハンガー」を使う

型くずれしないハンガー

人体型フォルムのハンガーを使う方法です。

メーカー名:ダイヤ
製品名:型くずれしないハンガー

型くずれしないハンガー
型くずれしないハンガー

肩の部分がスライドするため、約30cmから41cmまで拡張でき、えりぐりを伸ばさずにかけられる切れ目(スマイルカット)があるというのが大きな特徴。どうしても首からハンガーをはずしがち、という方に特におすすめです。

肩の部分がのびます
切り込みがあり、肩の部分がのびます

襟に負担をかけずにハンガーを使えます
襟に負担をかけずにハンガーを使えます

また肩部分もやわらかいカーブを描いているため、洋服の肩にハンガーの跡が残りにくくなっているのもポイントです。

肩も柔らかいカーブを描いています

このほかに、干すときはTシャツ間に適度な隙間を作って風通しをよくする、肩が伸びたり、二つ折りの場合は折り目が残ることがあるため、乾いたあとでもかけっぱなしにしないなどを意識してみましょう。

総合ランキング

今ならに発送予定

※決済方法により異なります。

※注文後、メールで詳細をお伝えしています。

※お急ぎの方は爆速便へ