Tシャツを使ったレイヤードスタイル5選

最近は気温も上がり始めて、着る服も段々と薄着になってきました。
そうするとやってくるのがTシャツの出番。一枚で着るのも良いですが、僕はこのTシャツを使ってレイヤードスタイルを作ることが多いです。

着回しのきくアイテムなので、一枚で着るだけでは勿体ない。本日はそんな「Tシャツを使ったレイヤードスタイル」を5つご紹介します。

1. シャツのインナーに

シャツのインナーにTシャツを着るレイヤードスタイル。

シャツはボタンを留めて着ることの方が多いと思いますが、インナーにTシャツを着て、ジャケットライクに羽織るのはいかがでしょうか?

かっちりとした印象のシャツですが、Tシャツをインナーにレイヤードさせることで程よい抜け感が生まれます。

着こなしのポイントは、シャツの色とTシャツの色にメリハリをつけること。そうすることで、はっきりとしたレイヤードのラインを作ることができます。

2. Tシャツにジャケット

ジャケットのインナーにTシャツを着るレイヤードスタイル。

ジャケットのインナーといえば、シャツのようなドレスライクなアイテムを合わせたスタイルが定番です。

そこであえてのTシャツをレイヤード。ドレスライクなジャケットに、カジュアルなTシャツを合わせることで色気のあるスタイルになります。

シャツのレイヤードと同様、色にメリハリをつけることがポイントです。

3. プルオーバーの首元をレイヤード

Tシャツのネックラインをプルオーバーの首元からのぞかせるようにレイヤード。

首元が寂しくなりがちな時は、ネックの高いTシャツをインナーとして差し込んで、ちょっとしたアクセントに。ネックのラインも綺麗に見えるので、大人っぽい印象に見えます。

ポイントはネックの高さ。あまりにも高すぎると、春夏には少し暑苦しい印象を与えてしまいます。モックネックくらいで、程よい高さのアイテムをレイヤードさせると良いでしょう。

4. ロングTシャツの上に重ね着

長袖Tシャツの上に半袖Tシャツをレイヤードさせるスタイル。

ロングTシャツ1枚だけだと少し味気ない印象になってしまいがち。
そこで手持ちのTシャツを上からかぶるようにレイヤード。スポーツライクでストリート感のある雰囲気を演出することができます。

着こなしのポイントは半袖Tシャツのサイジング。ルーズなサイズのものを選ぶと、バランスよくレイヤードさせることができます。

5. タンクトップレイヤード

Tシャツにタンクトップをレイヤードさせたスタイル。

夏になると暑くて重ね着なんてやってられない。そんな時におすすめのレイヤードスタイルです。Tシャツのインナーにタンクトップを着て、裾の部分からタンクトップをチラ見せするだけ。

着こなしのポイントはタンクトップの着丈。Tシャツから指2〜3本分見えるくらいがちょうど良いかなと思います。

一つのアイテムで多様な着こなしを

本日紹介させていただいたのはTシャツを使ったスタイル。レイヤードスタイルを取り入れると、Tシャツ以外のアイテムでも着こなしのバリエーションを増やすことができます。

クローゼットの中にあるアイテムも他のアイテムと組み合わせてみると、新たな発見があるかもしれません。

本記事をヒントに、さまざまな組み合わせを試していただけると嬉しいです。