20代女子向け!Tシャツ・ポロシャツはインスタイルで断然きれいにまとめる。

暑い季節が近づくと手に取る回数が増えるTシャツやポロシャツ。皆さんはどうやって着こなしていますか?

Tシャツやポロシャツはちゃんと考えてコーディネートしないと子供っぽくなってしまったり、カジュアルすぎると思われてしまいがち。

でも、シャツをインすれば、さらっと爽やかに「きちんと感」を演出できます。

本記事では20代の女性向けに、「シャツインスタイル」でTシャツとポロシャツを着こなし、スタイルをきれいにまとめるポイントを紹介していきます。

今回は白のロゴ入りTシャツとチェック柄のポロシャツ、黒のロングスカートとカーキ色のベイカーパンツを着まわしてコーディネートを考えてみました。

ポイント1 ハイウエストのスカート・ボトムスに合わせる

ハイウエストのボトムスやスカートは、シャツインスタイルの一番の味方。全体にまとまりが出るので、「おしゃれ感」を簡単に演出することができます。

足が長く見えたり、腰回りの肉が目立ちにくくなったりとスタイルアップにつながるのがハイウエストの良さ。

胸元が広めの女性らしいシンプルなロゴ入りTシャツには、クールな印象になるぴったりめの黒のロングスカートを。少しヒールのある黒パンプスできれいめに見える大人っぽいコーデにしてみました。

シャツインしないで全く同じコーディネートをしてみると、なんともまとまりがありませんね……。ちょっとだらしないイメージに。

また、股上が浅いボトムスでシャツインすると、下腹のお肉が気になったり、足が短く見えてしまったりとスタイルの欠点が強調されてしまいがちです。特にポロシャツコーデは、工夫をしないと飲食店の制服を着ているみたいになりかねないので注意が必要です。

ポイント2 オーバーサイズのTシャツ/ポロシャツを選んでみる

2つ目のポイントは、オーバーサイズのTシャツやポロシャツを選んでみること。

トップスでボリューム感を出しても、シャツインスタイルならきゅっと引き締まるので、だらしなさが軽減されます。

オーバーサイズな古着のメンズ柄ポロシャツ。

くせのあるデザインですが、黒のロングスカートと合わせると、全体が引き締まってさっぱりとしたコーディネートに。

ちなみにこのポロシャツは、丈がとにかく長いのでインして着ることが多いです。

Tシャツの場合は袖を折り返してみたり、首周りのフォルムにまで気を配ってアクセサリーをあわせたりするのがおすすめです。

ポイント3 ジーンズ以外のボトムスを合わせる

Tシャツやポロシャツの下にジーンズをあわせると、カジュアル要素が大きくなりがち。きれいめにまとめるなら明るい色のブルージーンズなどは避け、ブラックに近いものを選びましょう。

先程のオーバーサイズ柄ポロシャツにカーキ色のベイカーパンツも合わせてみました。

ベイカーパンツはハイウエストでも腰回りがぴたっとしたフォルムではないので、「スキニーパンツは体型が木になるからあまり履かないんだよね…」という方にもおすすめです。

また、ガウチョパンツほどゆるっとしたフォルムではないので、程よい「きちんと」感を出せるのもポイントです。

白Tシャツにベイカーパンツを合わせてみました。裾を折り返さずにパンプスの高さを活かすことで、足が長く見えスタイルの良さを演出できます。

この他にも、着回しの効きやすい「テーパードパンツ」や、着心地もよく足のラインに沿う「クロップドパンツ」などがきれいめコーデにおすすめですよ。

シャツインスタイルでコーディネートの幅を広げましょう

学生時代「体育着はインしなさい!」と言われた人も多いのではないでしょうか。裾を出さないことは一般的にもきちんとした印象を与えます。

今まではカジュアルコーデの日にしか着なかったTシャツやポロシャツも、組み合わせ次第では、コーディネートの幅が広がるきっかけに。少し上下のバランスが悪いなと思ったら、シャツインを試してみてはいかがでしょうか。

シャツインコーデで暑い夏も爽やかに「きちんと」乗り切りましょう!