春こそ取り入れたいロールアップコーディネートについて解説

突然ですが「ロールアップ」という単語を聞いたことはありますか?

ロールアップは、コーディネートにちょっとしたアクセントを加えるテクニック。
おもにボトムスの裾を折り返すことを指しています。


春や夏になると街中でよく見かけるようになる装いですよね。

ただパンツ裾の長さを調整しているだけのように見えますが、ファッション的な観点でもメリットがあるんです。

本日は、“ロールアップ”を取り入れることで得られるメリットについて解説していきたいと思います。

こなれた印象が出る

裾の長さが少し余っているような時、ロールアップが活躍します。

裾をそのままにパンツを履けば少し野暮ったい印象になります。ルードな印象をアピールする為にこういった着こなしをすることが多いですが、着る人によってはだらしなく見えてしまうことがあります。

そんな時、ロールアップをするとこなれた印象を与えることができます。2枚の写真を見比べていただければその差は明らかではないでしょうか。

「裾を折り返すだけで服装にこなれ感が出る」
たった一手間で印象が変わるので、ちょっと気分を変えたい時に試してみてください。

靴下の色遊びができる

ロールアップをすることで靴下がちらっと見えるわけですが、これがまたコーディネートのアクセントとして働いてくれます。


このコーディネートでは白ソックスを履いているので、服装に清潔な印象が加わります。いつもは隠れてしまう靴下ですが、ロールアップすることで名脇役に早変わり。

春を感じさせるようなカラーソックスを履いて季節感をアピールしたり、ちょっと地味なコーディネートにビビッドなカラーソックスを合わせてみたり。

ロールアップをすることで服装の遊びがひとつ増えます。


デニム好きな人はセルビッチデニムの「赤耳」を見せる為に、ロールアップする人が多いですよね。かくいう僕もデニムを履く時は、ロールアップをすることが多いです。

いつもは見えない靴下が、コーディネートに楽しみをプラスしてくれるかもしれません。

スタイルアップ効果がある


ロールアップにはスタイルアップ効果もあります。
裾を折り返すことで裾幅が細くなり、パンツが若干テーパードしたようなシルエットになります。


こちらのパンツは元々テーパードラインなのですが、シルエットのメリハリを強調させることができます。

足首に向けて細くなるシルエットはスタイルを良く見せてくれるので、足元がすらっと伸びた印象に。大人っぽい服装をした時なんかは、裾を一回折り返してみると良いでしょう。

ロールアップで足元軽やかに

本日は「ロールアップ」について解説しました。
最近は天気も良く暖かくなってきたので、出かける前に裾をくるっと一回折り返してから出かけてみてはいかがでしょうか?

いつも履いているあのパンツもロールアップをするだけで、印象がガラッと変わるかもしれません。