雨の日の憂鬱とおさらば。レインアイテムでファッションを楽しむ

「今日、雨か…」

雨の日って、どうしてもこんなふうにテンションが下がってしまいますよね。。休日であれば外出予定を変更することで雨を回避できますが、平日の出勤時は雨にも負けず外に出る必要があります。

空気はジメジメ、お気に入りの洋服は雨に濡れ、靴は浸水して靴下まで半濡れで不快感MAX。雨模様が続いた日には、半乾きの靴で出かける羽目になることも…。

こうした雨の日にウンザリしているあなたに向けて、今回はおすすめのレインアイテムを3種類、ブランドと合わせて紹介したいと思います!

”レインアイテム”と聞くとカッパや長靴など、どこかダサいイメージを抱くかもしれません。ですが、昨今のレイングッズは雨の日のスタイルとして取り入れても、十分にファッションを楽しむことができます。

ぼく自身、最近になってレインアイテムを取り入れ始めて、雨の日のテンションダウンが軽減されました。梅雨シーズンもやってきますし、対策として参考にしてみてください。

ファッションに取り入れやすいレインアイテム3選

今回はレインアイテムの中でも、普段のファッションに取り入れやすい「レインシューズ」、「レインコート(レインウェア)」、「折り畳み傘」の3つを紹介します。

レインシューズ|Hunter(ハンター)

まずはレインシューズ。レインシューズを取り入れると、雨の日の憂鬱軽減に効果てきめんです!靴に水が浸水してこないって素晴らしいですよね。水たまりも怖くありません。

お洒落に履けるレインシューズなんてあるの?という疑問が出そうですが、オススメは「Hunter(ハンター)」という英国伝統のブランド。メンズ・レディースだけでなく、キッズ向けにも展開しています。

ブーツやローファーなど、いろいろな型のレインシューズを扱っています。

出典: Hunter公式オンラインショップ – メンズ オリジナル リファインド チェルシーブーツ: ネイビー

出典: Hunter公式オンラインショップ – メンズ リファンド ペニー ローファー: ブラック

かわいいですよね!これならお洒落にレインシューズを楽しむことができそう。

ぼくは2枚目のローファータイプが欲しかったのですが、サイズが合わず、泣く泣く見送ることに。。知人の女性がカーキ色のを履いているのですが、とってもかわいいですよ。

ちなみに、Hunterはレインシューズ以外にバッグやウィアも扱っています。

レインコート(レインウェア)|ユニクロ

続いて、レインコート。雨が降りそうな日や、傘をさすほどではない小雨の日には、普段使いもできるお洒落なレインコートやレインウェアを持っていると重宝します。

まずはお試しでという点でもおすすめなのが、ユニクロのブロックテックシリーズ。

ユニクロ公式 MEN ブロックテッック特集

ブロックテック素材は防水&防風(雨・風を通さない)、透湿性(中が蒸れにくい)を兼ね備えた高機能素材です。

ぼくはUniqlo Uのブロックテックコートを持っていますが、雨をちゃんと弾いてくれ、しかもとても軽い。それでいて普段のお洒落にもコートとして使えるので、雨の日に限らず着用しています。

ステンカラーコートタイプのものを選べば、スーツにも合わせられますし便利そうですね。

注意するべきなのは、新品のまま保管しようがどうしようが、約3年間で機能性が劣化する(公式に記述あり)点です。ただ、価格を考えれば十分かと思います。

折りたたみ傘|KiU(キウ)

最後に紹介するのは、折りたたみ傘です。まさに「備えあれば憂いなし」を体現する折り畳み傘、普段から使用している人も多いのではないでしょうか。

コンビニで買った無機質な折りたたみ傘でも十分なのですが、どうせならかわいい傘で雨の日の気分を少しでも上げたいですよね。おすすめは、「KiU(キウ)」という日本のブランドの折りたたみ傘。”大人の外遊びを応援”をコンセプトにしているだけあって、かわいいデザインのものが豊富です。

出典: KiU公式オンラインショップ – TINY SILICONE UMBRELLA

傘そのものももちろんですが、入れる袋もかわいいのが◎。夏の雨模様の日は、無地のTシャツにアクセントとして折りたたみ傘を取り入れるのも良さそうですよね。

KiUは上記のHunter同様、傘以外のレイングッズも扱っています。

お気に入りのレインアイテムで雨の日も楽しく

今回は雨の日の憂鬱対策として、ファッションに取り入れやすいレインアイテムを3つ紹介しました。

「積極的にレインアイテムを取り入れよう!」と思う機会はなかなかないかもしれませんが、実際に取り入れてみると雨の日でも安心感がありますし、快適さを実感できます。

お気に入りのレインアイテムを見つけて、ぜひあなたのスタイルに加えてみてください!

それでは、また。