生地について

人気の定番無地ポロシャツ


人気のドライポロシャツ

生地の特徴

ニッティング(編み物)その1

カット(縫製)&ソー(縫う)の連語として生まれたカットソーは、ニット地を裁断して縫製した製品の総称です。
セーターなどとは違い、ニット生地を織物のように縫って縫製した、いわゆるTシャツやスウェット類などに適応されます。
編み方ひとつで肌触り、通気性、伸縮性が変わります。

天竺編み
平編みまたはメリヤス編みとも呼ばれ、特徴としては表目にタテ方向の筋が見え、裏目はやや荒い感じに見えるため表と裏の違いがはっきり分かります。ヨコ方向への伸縮性が大きいのも特徴です。
Tシャツのもっとも一般的な編み地です。

鹿の子編み
動物の鹿の子の背中にある白いまだら模様に似ていることから名付けられました。
表目と裏目をタテ・ヨコ交互に組み合わせて編むことにより、表面に隆起や透かし目を作り編み目柄をあらわしたものです。その独特の表面組織から肌に触れる面積が少なく、さらりとした風合いと優れた通気性を特徴としています。
ポロシャツでは定番として親しまれている編み地です。

ニッティング(編み物)その2

フライス編み
リブ編みまたはゴム編みとも呼ばれ、表・裏目ともに同じ編み目になり編み地の裏表がありません。天竺にくらべ伸縮性が高く、ヨコ方向に良く伸びるので着心地が抜群。
一般的なTシャツの首リブにも使用されています。

スムース編み
二つのゴム編みを裏合わせにした編地で、両面とも表地だけに見える編み組織です。両面編みの別称でインターロックとも呼ばれます。ほどよい肉厚感があり、編地の表面が滑らかなところからスムースと呼ばれるようになりました。
伸縮性に優れ、型くずれしにくい編み地です。

ワッフル編み
お菓子のワッフルのように、表面が格子状のような凸凹模様があることからこう呼ばれています。
伸縮性に富んでいる生地で保温性が高く、肌にべとつかない編み地です。正式名称はサーマルといいます。

ニッティング(編み物)その3

リバーシブル鹿の子・リバーシブルメッシュ
片面が通常の天竺編み目でもう片方が変形鹿の子、メッシュになっています。
通気性に優れ吸水速乾素材としてドライTシャツに多く使用されています。ハニカムメッシュとも呼ばれます。

スウェット裏パイル
別名「裏毛」。表は天竺編み目で裏糸をパイル状に編み込んで浮かせた生地です。裏糸は表面に使用している糸より、あま撚りの太い糸で編み立てています。
スウェットは「汗」もしくは「汗をかくための」という意味で、スポーツ用の汗を吸収する衣服の総称です。吸湿性の良い面100%、あるいはポリエステル混紡の編み地です。
パーカー、パンツなどオールシーズンで使用できるアイテムがあります。

スウェット裏起毛
裏パイルの編み物をひっかき、毛羽立たせた生地です。その結果、生地は厚みを増しボリューム感を与えます。
柔らかな感触を持ち保温性が高くなります。
また、起毛したことにより表面がキレイに仕上がりプリント加工がしやすくなります。