帽子屋さんが教える「ベレー帽に合う秋コーデとは?」

カジュアルになりすぎず、フォーマルになりすぎず。秋のコーディネートはいつも迷う。気温を見定めながら服装を調整するのはもちろんのこと、見た目にも「あの人お洒落だな」なんて思われるように、ワンポイントを活かしたい。

秋はベレー帽がよく似合う季節だ。せっかく“秋”というファッションが面白い季節なのだからベレー帽をかぶって街に出かけたいけど、コーディネートはちょっと難しい。今回は、帽子屋さんではたらくスタッフから「ベレー帽に似合う秋コーデ」を教えてもらった。コート、そしてTシャツを合わせれば、屋外でも室内でも、どんなシーンでもしっくりくる。

ベレー帽はどう使う? 秋のコーデにおける役割

諸説あるが、ベレー帽はスペイン発祥とされる日よけのための帽子で、日常的にかぶる帽子としてだけではなく、軍隊や官公庁が着用する帽子としても知られる。日本国内ではパブロ・ピカソや手塚治虫など、画家や漫画家が着用するアイテムの印象が強く、「おしとやか」「文系が着用する」などのイメージがある。その印象からか、ベレー帽は丸くて可愛らしいフォルムで女性的な雰囲気がある。

「ベレー帽は年間通して人気ですが、とりわけよく売れる季節は“秋”なんです。

麦わら帽子の似合う夏と、ニットやフェルトハットが並ぶ冬の間の中途半端な季節。そんな秋にはベレー帽がぴったりですね」とのこと。

今年の秋冬のトレンドはチェック柄。黒いベレー帽とチェック柄のコートを組み合わせた秋コーデ

「ベレー帽が似合うコーデってどんなだろう? 」ということで、彼女が選んだのは、今年の秋冬トレンドであるチェック柄のコートを活かしたコーデ。テーマは「カメラを持って街をお写んぽ(おしゃんぽ)スタイル」だ。

「トラッドなチェック柄のコートにベレー帽を合わせるとカッチリしすぎてしまいますが、今回はアクティブに動き回ることを想定して、インナーには白いTシャツと、ボトムスにはデニムを合わせてカジュアルに仕上げました」とのこと。

チェック柄のコートでトラッドな雰囲気を演出しつつ、アクティブに動き回れるように、靴はスニーカーを合わせている。

「ベレー帽で女の子らしさを出しつつも、大人っぽい雰囲気も醸し出したい」ということで、ベルトや時計、バッグはレザーで統一し、全体的なスタイルを上品にまとめている。レザーのアクセサリとベレー帽の組み合わせはとても相性が良い。

歩き回って疲れたからちょっとカフェで一休み……なんてとき。室内はちょっと汗ばむ、なんて場合は、インナーがTシャツなのでコートを脱いでもOK。急な気温の変化にも対応できるのが、Tシャツにコートを羽織るスタイルだ。

白T×デニムでトレンドアイテムにもこなれ感を

温度調整が難しい季節。最新のトレンドを取り入れつつ、ベレー帽が生きる可愛らしいコーディネートを教えてもらった。チェック柄のコートはお洒落だけど、どうしてもカッチリしすぎてしまう。そんなときには白いTシャツにデニムを合わせれば、カジュアルにも着こなせるはずだ。

▷Tshirt.st で白いTシャツを探す

-Text by 鳥羽恒彰

シンプルな文章と美しい写真でモノを紹介するブログ『トバログ』を軸に、さまざまな分野で活動するクリエイター。

ブログ:トバログ
Twitter:@tobalog