国内最大規模の業務用Tシャツ専門店

みんなは出来てる?Tシャツを長持ちさせるための洗濯方法

Tシャツこそオールシーズン活躍してくれる一張羅。
皆さん、クローゼットのご準備は万端でしょうか。
まだ…という方はぜひ過去に公開したCASUAL NOTEのアーカイブ記事を読んでみてくださいね。
あなたにぴったりなTシャツがきっと見つかるはず。
さて、今回は何についての記事かと申しますとTシャツの「洗濯」について。
皆さんも一着や二着、特に気に入っているTシャツをお持ちなのではないでしょうか?
お気に入りが故に着る回数も増えて、選択する回数も自ずと増えてきます。
誤った知識で洗濯を続けていると、製品の寿命を縮めてしまう恐れも…お気に入りはできるだけ長く愛していきたいもの。改めて洗濯方法を見直し、洋服のケアを徹底していきましょう!

タグを見て素材と洗濯表示を確認

画像:消費者庁Tシャツと一口に言っても素材は様々、定番のコットン(綿)だけでなく、ポリエステル、レーヨン、あるいはこれらを組み合わせた混紡生地など、意外と幅広いのです。(ナイロンやウールを使ったTシャツも最近はありますね)基本的にコットンであれば、気兼ねなく洗濯することが可能ですが、その他に関しては必ず製品表示のタグから素材と洗濯の仕方に関する表示を必ずチェックしましぃう、画像:消費者庁

Tシャツを洗濯する際のコツ

1. 予洗いで皮脂汚れを落とす

襟ぐりなど、皮脂汚れが残りやすい部分は事前に固形石鹸などを用いて、汚れを手で落としておきましょう。こうすることで皮脂による黄ばみが起こりにくくなります。

2. プリントや刺繍のある場合は裏返してネットへ

プリントや刺繍、その他装飾がついているTシャツは色落ちやほつれを防ぐためにも裏返してネットに入れましょう。その場合はやや洗浄力が落ちるので、予洗いを行うと◎

3. 手洗いの場合はこすらない

先述した洗濯表示が手洗い推奨となっている場合は洗濯機ではなく、水を張ったバケツや洗面台を用いて服を手洗いしていきます。この際のポイントとなるのが、あくまで服をこすらず押し洗いを心がけること。強くこすると、繊維へのダメージが大きいのでNGです。

乾燥・仕上げのコツ

1. 脱水時間は短めで

洗濯機の脱水機能は非常に便利ですが、長時間を行うと他の衣類のと接触が増えて、生地へのダメージが起こりやすくなったり、シワにつながることも。その後の手間を減らすためにも脱水は行うことが悪くないのですが、できるだけ短い時間で行うのがおすすめです。

2. 厚めのハンガー・平干しネットで干す

Tシャツを干すときは伸びと形崩れを防ぐためにも厚みのあるハンガー化、平干しのネットを使用しましょう。その際ですが、首元を引っ張ってハンガーを入れると伸びてしまうので、下側からハンガーを通すようにしましょう。

少しの手間でもっと長く着る

ほんの少しのポイントを木にすることで服へのダメージを減らし、Tシャツを長く楽しむことができるように。あなたのお気に入りをもっと長く楽しむためにも、ぜひ上記のポイントに気をつけつつ日々のお手入れを行ってみてくださいね。

まとめて買えば“さらに”安い

3%OFF

3万円以上で使えるクーポン

8%OFF

8万円以上で使えるクーポン

閉じる

今ならLINEクーポンで300円OFF

お友だち登録ですぐに使えるクーポンがもらえます

クーポンコードを確認

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

カート

カートは空です
買い物を続ける