おしゃれ好きも意外と知らない「ラグランスリーブ」のお話

ジャストサイズよりも、あえて大きめの服を着こなす“ビッグシルエット”が流行していることもあり、「ラグランスリーブ」と表記されているTシャツを店頭でもよく見かけるようになりました。

人気のラグラン袖

僕自身も「なんとなく、肩が落ちているシルエットのこと…?」と思っていたのですが、調べてみると実は明確な定義が。

周りのファッション好きにも、知っているかを尋ねてみたところ、意外と「知らない」という反応が返ってきたので、今回は記事を通して皆さんにもTシャツの「袖」に関してお伝えしていこうと思います。

袖形状の種類に関して

Casualnote00005

あまり目が行かない部分ですが、Tシャツの袖形状にもいくつか種類があり、一般的なのは上記の2つ「セットインスリーブ」と今回の主題である「ラグランスリーブ」。

ざっくり言ってしまえば、「身頃と袖の切り替え位置」によって、種類が異なります。今回はこの2種類をフィーチャーしてご紹介します。

セットインスリーブ

Casualnote01

皆さんがいま着ていらっしゃる服をはじめとして、よっぽど意識して選んだり、特殊なデザインでない限り、ほとんどの服はこの「セットインスリーブ」と呼ばれる袖形状が採用されています。

Casualnote000009

見分けるポイントは、袖生地と身頃の生地の縫い目が、「肩から脇」にかけて、ほぼ垂直にまっすぐ入っていること。これまで、このCASUAL NOTEでも記事を執筆してきましたが、見返してみると、ほぼこの形状になっていますね。

Casualnote000002

人間が手を下ろした姿勢に合わせた形状なので、余計なシワがつきにくく、シルエットを綺麗に保つことができます。ジャケットもこの形状が取られており、余計なシワがつきにくく、肩のラインをもっともきれいに見せてくれる袖形状と言えるでしょう。

Casualnote000003

難点といえるのは、肩が合わないとやや見栄えが悪くなってしまう点。肩幅が極端に広かったり、狭かったりする方はサイズ選びが難しく感じる場合もあるかもしれませんね。

ラグランスリーブ

Casualnote000008

CASUAL NOTE
いつの時代もやっぱり僕たちが着たいのは「Champion(チャンピオン)」

いつの時代もやっぱり僕たちが着たいのは「Champion(チャンピオン)」

1919にアメリカ、ニューヨークで誕生したチャンピオンは、今年で創立100周年を迎える伝統あるブランド。 もと…

以前、こちらの記事で紹介したチャンピオンの「T1011 3/4スリーブ」というTシャツがラグランスリーブでした。

Casualnote02

生地の切り替えが、ネックから脇にかけて斜めに曲線を描きながら入っているのが最大の特徴。腕が上がりやすく、動かしやすいため、スポーツウェアによく見られる形状でもあります。

Casualnote000007

Casualnote000005

肩が落ちた形状になり、リラックス感のある印象に。5部丈、7部丈との相性がよいのが特徴。

肩のラインがはっきり出ず、ボディのラインをぼやかせる効果もあるため、男性より女性の服に多い印象がありますね。

よくある勘違い

107crb 01 4

ちなみに、よくあるのが「袖の色が切り替わっているのがラグランスリーブなのでは?」という間違った認識。

たしかに、こうしたTシャツは結果的に切り替えがラグランになっているケースが多いのですが、色ではなく「袖の付け方」がラグランスリーブになっていることをお間違えなく!

好みに合わせて選ぼう

Casualnote000006

冒頭にも述べた通り、昨今のビッグシルエットの流行により、脚光を浴びつつあるラグランスリーブ。

ややゆったりとしたシルエットになり、動きやすさもあるので、リラックス感のある着こなしをしたい方、また、肩幅が気になる方にはぴったり。ぜひ、まだ挑戦したことのない方はこの夏のTシャツ選びでお試しください。

CASUAL NOTE
Tシャツの「ネックの種類」、皆さんはどのくらい知っていますか?

Tシャツの「ネックの種類」、皆さんはどのくらい知っていますか?

ファッション好きでも、そうでなくても、毎日のように着用する「Tシャツ」というアイテム。 突然ですが、皆さんはど…

Tシャツひとつとっても、細かな部分に違いがあります。袖形状について知ったあとは、ネックの種類についても詳しくなりましょう。

人気のラグラン袖

今ならに発送予定

※決済方法により異なります。

※注文後、メールで詳細をお伝えしています。

※お急ぎの方は爆速便へ